女性の尿漏れの原因と対策

抗コリン薬で膀胱の筋肉の収縮を和らげ、過活動膀胱を治療します

排尿日誌をもとに水分摂取量の調整をしたり、膀胱訓練を行なうなどの行動療法を行なってから効果が出るまでの間、あるいは症状の改善がみられない場合には、薬物療法が選択肢となります。

過活動膀胱の薬物療法では、主に「抗コリン薬」が使用されます。膀胱を収縮させる筋肉は、コリンと呼ばれる神経伝達物質によってコントロールされています。

そこで、コリンの働きを抑えて、膀胱が過度に収縮するのを防ぐのが抗コリン薬です。膀胱の筋肉をゆるめ、膀胱の容量を広げるため、切迫する尿意を我慢しやすくなります。頻尿の改善にも有効です。また、切迫性尿失禁だけでなく、腹圧性尿失禁にも効果があります。

この薬は、唾液腺や腸にも作用を与えるため、口の渇きや便秘などの副作用が起こることがあります。

現在、よく処方されている抗コリン薬には「ポラキス(塩酸オキシブチニン)」、「バップフォー(塩酸プロピベリン)」、「ブラダロン(塩酸フラボキサート)」などがあります。

これらの薬でも症状の改善がみられない場合、女性ホルモン不足が過活動膀胱の原因ならば、女性ホルモン剤の補充などが行なわれることもあります。

腹圧性尿失禁 : 尿漏れの原因 | 骨盤底筋体操 | 治療薬・スピロペント | TVT手術 | 日常生活での注意点
切迫性尿失禁 : 尿漏れの原因 | 過活動膀胱になりやすい人 | 排尿日誌 | 行動療法
薬局で買える対策グッズ : ハルンケア(内服薬) | 尿漏れパッド

Copyright 2015 女性の尿漏れの原因と対策