女性の尿漏れの原因と対策

軽い腹圧性尿失禁なら骨盤底筋体操で改善が期待できます

症状が軽い場合、是非試してほしいのが「骨盤底筋体操」です。この体操は、腹圧性尿失禁に効果的で、2~3ヶ月続けていくと、8割近くの方が改善するという尿漏れ解消・予防の基本的な体操です。

ゆっくり行なう体操
1.背筋を伸ばし、脚を肩幅くらいに開いて立ちます。ゆっくり呼吸し、体の力を抜きましょう。慣れるまでは、おなかに手を当て、力が入っていないことを確認するとよいでしょう。

2.おなかに力を入れずに、肛門、膣、尿道に力を入れ、持ち上げるような感じで止めます。

3.その状態を5秒間ほど保った後、ゆっくりと力を抜きましょう。

4.1~3を10回繰り返します(1セット)。

すばやく行なう体操
同様の姿勢で、おなかに力を入れずに、肛門、膣、尿道に力を入れ、持ち上げる感じで止めて、すぐに力を緩めます。これを5回繰り返します(1セット)。

上記のように、ゆっくり行なう体操とすばやく行なう体操の2つのタイプがありますが、毎日継続してそれぞれ5セット(計10セット)行ないましょう。

これらの体操は、デスクや椅子に両手をついて行なうこともできますし、同じ要領で椅子に座ったままでも行なうことができます。ポイントは、毎日継続して行なうことと、妊娠中や産後で体調が悪いときには無理しないことです。

骨盤底筋体操をしばらく続けてみても効果がない場合や、漏れる量が多い場合は泌尿器科を受診しましょう。医師と相談して、薬の服用やTVT手術などの治療法から症状に適した方法を選択することになります。

薄くて快適!ナプキン感覚で使える尿漏れ用シート&パッド (ユニチャーム)

腹圧性尿失禁 : 尿漏れの原因 | 治療薬・スピロペント | TVT手術 | 日常生活での注意点
切迫性尿失禁 : 尿漏れの原因 | 過活動膀胱になりやすい人 | 排尿日誌 | 行動療法 | 抗コリン薬
薬局で買える対策グッズ : ハルンケア(内服薬) | 尿漏れパッド

Copyright 2008-2010 女性の尿漏れの原因と対策