女性の尿漏れの原因と対策

子宮脱は近年、尿漏れの原因としても注目されています

骨盤の定位置より子宮の位置が下がり、膣の入り口から子宮や膣壁の一部が、こぶのように出てしまっている状態です。近年は、女性の尿漏れの原因としても注目されるようになりました。

女性の骨盤の中には、子宮、膀胱、尿道、直腸などがあり、これらは「骨盤底」と呼ばれる筋肉や靭帯によって支えられ、ずれ落ちないようになっています。

しかし、骨盤底の繊維組織や骨格筋が弱ったり、損傷していると、重みに耐えきれなくなって子宮や膣壁の一部が外に飛び出してしまうのです。

子宮脱になる女性の多くが出産経験があるとされています。これは分娩の際に、骨盤底の筋肉や繊維組織などを損傷したことが原因で、閉経を境にして50台半ばぐらいから症状が現れる人が増加します。

具体的な子宮脱の症状は、頻尿(トイレが近い)や尿もれ、排尿困難のほか、陰部に異物感を覚えたりや、陰部が引っ張られているような、あるいは重苦しいといった感覚などが現れます。

症状が軽い場合は、骨盤底を鍛える「骨盤底筋体操」で進行を食い止めることができますが、既に子宮が膣外に飛び出してしまっているときは、ペッサリー(ブレスレット型のリング)を腟内へ挿入し、子宮を上にあげて固定したり、手術で変形した骨盤底を修復してから、骨盤底筋体操でその形を保つようにする必要があります。

腹圧性尿失禁 : 尿漏れの原因 | 骨盤底筋体操 | 治療薬・スピロペント | TVT手術 | 日常生活での注意点
切迫性尿失禁 : 尿漏れの原因 | 過活動膀胱になりやすい人 | 排尿日誌 | 行動療法 | 抗コリン薬
薬局で買える対策グッズ : ハルンケア(内服薬) | 尿漏れパッド

Copyright 2015 女性の尿漏れの原因と対策